BLOGブログ
BLOG

黒ナンバーの登録に必要な条件や流れ

2020/10/22
普通免許があればできる軽貨物運送。黒ナンバーを登録することで、荷物を運び利益を得られます。
そんな黒ナンバーの登録に必要な条件や流れをまとめました。
▼黒ナンバー登録に必要な条件
黒ナンバーを登録するには、以下の様々な必要条件、つまり要件をクリアしなければなりません。
・営業所、休憩施設、睡眠施設
ドライバーが適切な運転ができるようにするためのものです。車庫から半径2km以内に設置しましょう。
・車両の要件
車両数は1台以上であれば大丈夫です。車検証の用途欄に「貨物」と記載されている車であることが条件です。
・車庫の要件
事業に使用する車が全て入るくらいの駐車スペースが必要とされています。
・運送約款
運賃や料金の受け取り、事業者の責任についての事項を明確に定めることが必要とされています。
・管理体制
軽貨物自動車運送事業を行うための管理体制が整っているか、適切かどうかという要件です。
・損害賠償能力
自動車損害賠償法を基礎とした、責任保険か責任共済に入る計画を立てていなければなりません。
▼黒ナンバー登録の流れ
登録に必要な要件を揃えたら、以下の流れで登録します。
1.運輸支局に届出を提出
営業所を設置する場所を管轄している地方運輸支局へ提出します。
ここでは届出の控えと「事業用自動車連絡書」という書類を受け取ります。
2.軽自動車協会で黒ナンバーを交付してもらう
管轄の軽自動車協会へ行き「事業用自動車連絡書」を提出すると、晴れて黒ナンバーが交付されます。
3.自動車任意保険に加入する
4.開業届を出す
以上の手順を踏んで事業を開始することが出来ます。
▼最後に
今回、黒ナンバーの登録に必要な条件や流れを紹介しました。
開業をお考えの方は、是非参考にしてみてください。
開業はしなくても、運送で働いてみたいという方は、是非一度お問い合わせください。