BLOGブログ
BLOG

黒ナンバーの車検について

2020/10/01
黒ナンバーを付けている車両は、軽自動車で貨物を運送する事業をしている場合黒のナンバープレートです。
車を維持していれば絶対に車検を受けなければなりませんよね。
黒ナンバーをつけいる軽貨物の車検についてご紹介します。

▼黒ナンバーについて
黒ナンバーは軽自動車を対象とした事業者用のナンバーで、運送業者をする際に専用のナンバープレートにする必要があります。
黒色のプレートに黄色で記載されています。黒ナンバーにすることで自動車税が安くなります。
▼軽貨物の車検について
軽貨物の車検の期間や費用などについてご紹介します。
■車検の有効期間
新車の軽貨物は、新車で購入した場合初回は2年で、それ以降も2年ごとに車検を受けます。
軽自動車の場合は、新車で購入した場合初回は3年なのですが軽貨物車として使う場合は、軽自動車でも車検の有効期間が異なります。
■車検にかかる費用
・自賠責保険料…所有者は絶対に加入しなければならない保険
・自動車重量税…自動車の区分、重量など排気量によって決まる自動車にかかる税
・検査印紙代…自動車検査登録印紙という書類で、国に納める手数料
・業者に依頼する車検料…整備・点検をしてもらい消耗品の交換や修理などの費用
自賠責保険料や自動車重量税、検査印紙代は必ず払わなければならない費用になりますが、これに業者に依頼するため費用がプラスされます。
長年乗っている自動車だと部品交換や修理なども増えてくるので車検費用はかかります。
軽貨物は軽貨物用のタイヤがあります。見落としがちなのがタイヤの費用で、車検の際タイヤの交換時期と被るとタイヤの費用もプラスされます。

黒のナンバープレートの軽貨物車の車検は、2年ごとにやって来ますので車検の経費も考えておかなければなりません。