BLOGブログ
BLOG

軽貨物ドライバーの仕事の取り方

2020/08/08
今回は、「運送業で働きたい」「軽貨物配送をしたい」と考えていたり、気になっている人もいるのではないでしょうか。
ですが、軽貨物配送といってもドライバーとしての働き方はいろいろあるのです。
「フリーランスドライバー」といって、会社などどこにも属さず、自分の車・足で仕事を取る働き方や、会社に所属して契約し、
業務委託として働くなどがあります。
今回は、働き方のたくさんある軽貨物ドライバーの仕事の取り方について解説していきます。
▼仕事の取り方・特徴
仕事の取り方は主に3つあります。
・貨物物業者に登録して、仕事を受ける
・配達業者に登録して仕事をする
・自ら営業をして仕事をとる
この3つが一般的です。
■貨物物業者に登録して、仕事を受ける場合
登録をすれば、お仕事をすぐ紹介してもらえることが多いのが特徴です。
しかし、手数料がひかれるため、収入はあまり多いとは言えません。
休みの融通もあまり利かないのも難点です。

■配達業者に登録して仕事をする場合
仕事は常にあります
休みの融通が利くのも嬉しい特徴です。
しかし、お仕事は個人宅がほとんどなので、収入には期待できません。

■自ら営業をして仕事をとる場合
手数料がひかれないから給料が多いです。
信用・信頼がないとお仕事がもらうことができないという点もあります。

▼個人事業主として働く
個人事業主として、軽貨物ドライバーとしてお仕事を取るには、2つの方法が存在します。
①大手の運送会社と下請け契約を交わす
そのためには自ら営業をして下請けの業務をとらなくてはいけません。
電話で連絡を取り、担当の人と会うことから始めましょう。
②フランチャイズ契約を結ぶ
契約を結べたら本部から仕事をまわってくるので、確実に安定して働くことができます。
しかし、フランチャイズによって、契約内容は異なるので事前に確認しておきましょう。
▼最後に
軽貨物ドライバーは、特別な資格も不要で一般の免許があれば、誰でも活躍できるお仕事です。
興味のある方はお気軽に応募ください。