BLOGブログ
BLOG

ルート配送の仕事について

2020/07/25
ルート配送の仕事について何となくはご存じだと思います。
今回はルート配送の仕事のメリットなども合わせて紹介していきたいと思います。

▼ルート配送の仕事とは?
軽貨物ドライバーが、取引先の店舗に指定の荷物を定期的に配送する仕事のことです。
軽貨物ドライバーは大きなトラックは運転できませんが、普通免許で運転できる車を使って仕事をします。
毎日、仕事を始める前に車両の点検を行います。
アルコールを飲んでいないかの確認も必ずし、それが終わると配送する荷物を車両に積み込み、決められているルートで配送先を回っていきます。
ドライバーは荷物が遅れないように、必要なら休憩を取ったりしながら配送します。
その日の配送が全部完了したら業務が終了します。

ルート配送の例→コンビニ、レストラン、カフェなど飲食店が多い。

▼ルート配送の仕事のメリット
■仕事がない日がほぼない
将来的に仕事がなくなってしまう不安も減少され安定した仕事ができます。

■安定な収入が得られる
仕事が安定していれば収入も安定しているということになります。
スケジュールの組み方次第では、収入を上げることも可能です。

■不在で再配達ということにならない
一般家庭で不在の場合は、荷物を再配達しないといけません。
しかし軽貨物ドライバーとしてルート配送の仕事をしていれば、基本的に不在だからと再配達になる自体にはなりません。

▼ルート配送の仕事に向いている人
・安定的な収入を得たい人
・毎日決まったルートを運転するので、運転初心者や未経験の人
・仕事がないと不安になってしまう人
・責任感、やりがいのある仕事をしたい人
・人とのコミュニケーションが好きな人
・時間やスケジュール管理をしっかりできる人

ルート配送の仕事は運転免許取りたての人、未経験から独立開業する人にもおすすめです。
軽貨物ドライバーの仕事に興味がある人は、是非お問い合わせ下さい。